7月に日本住宅新聞へエコボロンの記事が掲載されました。

最近は公共工事にも取り入れつつある、ほう酸系の防腐・防蟻材ですが、先月日本住宅新聞に特集として取り上げられました。

揮発しない、無機物のほう酸塩を使用しているエコボロンはシックハウスの心配もありません。

赤ちゃんのいるご家庭や室内でペットを飼っているご家庭、住みながらの施工も問題ありません。

安全で長持ちのするエコボロン!

シロアリ対策にはぜひご検討ください。

シロアリやシロアリ被害箇所を見つけたらその場で使える

”シロアリフォーム”

動力噴霧器や薬剤の準備ホースのセッティングなど面倒な手間と時間がかかりません。

現場で大掛かりな養生も必要ありません。

手軽に使えます。

エコボロンの主原料は「ほう酸塩鉱物」です。

ほう酸は安定した無機物なので分解されず、また揮発・蒸発する事のないため、ペットを飼っているご家庭でも安心ですし、一度散布すれば半永久的に効果が持続します。

人などの哺乳類は、腎臓の働きにより過剰に摂取したほう酸塩を体外に排出できるため、急性経口毒性はとても低く、食塩程度です。

一方シロアリなど、腎臓を持たない下等生物がほう酸塩を摂取すると、エネルギー代謝が停止して餓死します。

また、ほう酸塩はカビ菌や雑菌などにも効果があり、目の洗浄液など にも利用されています。

シロアリはほう酸処理された木材を食べることができません。

ほう酸を摂取したシロアリはエネルギー代謝が出来なくなり餓死します。

ヒラタキクイムシも同様です。

シロアリの種類

ヤマトシロアリは日本で最も数の多いシロアリで、北海道の一部を除く、日本全域に生息しています。

一方イエシロアリは攻撃力が最も強い種で、温暖化に伴い、生息範囲の広大が指摘されています。

また、近年は外来種のアメリカカンザイシロアリによる被害も増加しています。

↓下記の表をクリックすると画面が拡大します。